呼吸

わたしたとのカラダがその機能を効果的に発揮するのに、「呼吸」はとっても大事な要素だと、言えるのです。

サイトマップ

呼吸
トップ > 呼吸

基礎代謝のお話をしたときに、「呼吸」の重要性について少し触れましたね。呼吸がエネルギー(熱)生産には欠かせない、というお話でした。こういったことは、日常の体験からも実感することがあるのではないでしょうか。

カラダを制するものはカラダである

冬に手をあたためようと息を何度もふきかけていると、なぜか不思議と体の内側のほうがポカポカと温かくなってくる感覚になったことはありませんか?

実際、わたしたとのカラダがその機能を効果的に発揮するのに、「呼吸」はとっても大事な要素だと、言えるのです。

恒常性については、何度もお話してきたとおりですが、カラダを自己調節する機能である、ということでしたね。

実は、このカラダが自らを調節する機能というのは、他にもあるのですが、たとえば、心臓の拍動や体温調節、そして胃腸における消化吸収などがそれにあたります。

そして、これらを思い浮かべていただければ、お分かりかと思いますが、あくまでこうした機能は、カラダが自ら調節する機能ですので、わたしたちのアタマの意思では、コントロールできない機能ということになりますね。

そして、これらの動きを司っている神経は、自律神経と呼ばれています。まさに、自動的にコントロールされている神経、という意味からそう呼ばれています。

呼吸を制するものはダイエットを制する

ただし、この自律神経が受け持つ活動には、たった一つだけ例外があるというのです。そうです、それが呼吸です。自律神経の受け持つ機能として、無意識に行われる活動である一方で、同時に自分のアタマの意思でもコントロール可能な唯一の活動、それが呼吸だ、ということなのです。

じゃあ、そうだとしても、一体それがどういうことを意味するのか、ということだと思いますが、簡単に言うと、カラダの意思をアタマでコントロールが出来る、ということになります。

そして、カラダの意思というのは、そのままカラダへの変化(ヤセたり太ったりというのもその一つ)をもたらすものですので、つまり、ダイエットをコントロール出来る、とも言えるのです。