ココロのチカラとは?

ココロを味方にできれば、結果的にカラダもまたわたしたちの味方になり、思い描いた結果へと導いてくれるものです。

サイトマップ

ココロのチカラとは?
トップ > ココロのチカラとは?

やせるというのはカラダの変化というのは言うまでもありません。そしてそのカラダは自らの調整機能によりそのカタチを変化させるものであり、カラダの声をよく聞いて、心地よくなることを基準に、食事や運動も行うべきだ、というお話をしてきました。

ココロの役割

それでは、カラダの声というのはどうやって聞けばよいのでしょうか?カラダが本当に声をあげてくれたら楽ちんですけど、そうはいきませんね。わたしたちのココロで聞くしかないのです。

ここでもまた、「恒常性」のお話からさせていただきます。「恒常性」により、基本的にはカラダは同じカタチを保とうとします。それが、カラダの変化を引き起こすということは、全身のレベルでエネルギーバランスが変化するということです。

この、全身レベルのエネルギー変化をもたらすのは、やはりわたしたち自身のココロが果たす役割が非常に大きいということです。

ココロが変わればカラダが変わる

これまでお話してきたように、全身が危機モードとなれば、カラダは基礎代謝を下げ、エネルギーを温存し脂肪をため込もうとします。一方、全身が基礎代謝を高め、エネルギーをより消費するようになるには、全身の満足度が高まるということで、この多くの場合においては、カラダが満足する前提としてココロが満たされている必要がある、ということです。

いままで脂肪をため込みがちだったとすれば、それはいままでの生活行動パターンにカラダが何かしら不満を抱えていたわけですから、その生活行動パターンを変えることが必要ですが、そうした行動を変えるには、考え方やココロの変化が不可欠なのです。ココロが変われば、行動が変わり、そしてその行動がエネルギーの消費パターンを変え、基礎代謝が改善し、結果的にカラダの変化がついてくるのです。

ですから、ネガティブに自分をとらえていると、いくらダイエットをしても、ココロと行動のリンクが取れていないため、いつまでたっても満足度が高まらず、結果としてもヤセない、ということになりかねません。

まず、自分のカラダのチカラを信じ、そして自分は必ずヤセられるんだ!と信じることです。ココロを味方にできれば、結果的にカラダもまたわたしたちの味方になり、思い描いた結果へと導いてくれるものです。