食べるタイミング

何を食べるか?に続いて、いつ食べるか?というのもダイエットにおける関心事のひとつではないでしょうか。

サイトマップ

食べるタイミング
トップ > 食べるタイミング

何を食べるか?に続いて、いつ食べるか?というのもダイエットにおける関心事のひとつではないでしょうか。基本は、これまでも何度も言ってきたように、カラダが食べたい時、が食べる時ということに変わりはありません。一方で、朝ちゃんと食べないとダメ!とか、夜の食事は控えめに、といった定説もあるので、その辺の確認をしていきたいと思います。

食べるタイミングも人それぞれでOK!

夕食を控えめにして、朝食をしっかり摂る、というパターンが一般的におススメされる根拠は、昼間は活動期であり、エネルギーの消費効率も良いから、一日の始まりである朝にしっかり食べて、カラダが休息期に入る夜には、エネルギーの消費効率が悪く、脂肪になりやすいため、控えめにしよう、というものです。

確かに一理あるのではあるが、逆のパターンもまた悪いことばかりではないことを知っていただきたいと思います。

逆のパターンというと、朝食を控えめにし、夕食は満足いくように摂る、ということになります。これにも根拠があって、朝は排泄のための時間であり、それを妨げるような栄養の摂取は控えたほうがよい、というものであり、一日の終わりの食事の満足感をあげることにより、一日の疲れが癒され、通常一番低活動である眠っている間の基礎代謝効率を高めることになる、というものです。

結局、人それぞれタイプがあるということで、夜型人間と朝型人間がいるように、どちらのパターンでも自分のカラダに合っていればよいということになるのです。

大事なのは、自分のカラダが満足しているかどうか、ということであり、この満足度の高さが、カラダを満足モードへと導き、この場合は、余計なものを手放す方向の仕組みがより強く働くので、エネルギーを消費しやすい基礎代謝の優れたカラダ作りへとつながるのです。