リバウンドとは

リバウンドした結果、元に戻った体重や、さらに増えてしまった体重を相手に、またダイエットをすることになるのではないでしょうか。

サイトマップ

リバウンドとは
トップ > リバウンドとは

いわずと知れた、ダイエットの最大の敵であるリバウンド。いったんはヤセたけど、またすぐにリバウンドして体重が戻ってしまった。場合によっては、さらに体重が増えてしまった。という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そして、リバウンドした結果、元に戻った体重や、さらに増えてしまった体重を相手に、またダイエットをすることになるのではないでしょうか。これでは、ダイエットとリバウンドを永遠に繰り返す、終わりのない悪循環に陥ってしまっているといえます。

繰り返されるリバウンド

リバウンドにも、仕組みがあります。しかし、残念ながら、今世の中に出回っているダイエット方法の多くが、このリバウンドが起こる仕組みを無視したやり方になっている、ということです。

なぜか?ダイエット業界にとっては、ダイエットに本当の意味で成功し、ダイエットを必要としない人ばかりになられては困るからです。

ダイエットを続けてもらうために、一時的にはヤセるような成功体験をさせておき、その後、リバウンドしたら、またいらっしゃい、ということ。

リバウンドの仕組みを無視し、ダイエットの方法が良くなかったとか、本人のがんばりや継続が足りなかったとか、そう思わせるのも、こうしたダイエット業界の仕組みではないでしょうか。

ですから、今こそ、リバウンドの仕組みをきちんと理解して、そしてダイエット業界の仕組みからも抜け出しましょう。

リバウンドの仕組み

基礎代謝や恒常性のお話はこれまでもしてきましたが、リバウンドもこれらの仕組みが非常に深く関わっていると言えます。

まず、リバウンドの前提としては、カラダが危機モードに入る、ということです。これは、多くのダイエットでありがちですが、無理やりに、摂取するカロリーを減らし、消費するカロリーを増やす、という生活などによって、引き起こされます。

カラダが危機モードになると、生命維持活動に必要な栄養や脂肪を、なるべく減らさないように、つまり基礎代謝を抑えるよう努力し始めるのです。

たとえば、

 ・栄養の吸収効率を高めるようになる
 ・エネルギー消費量を抑える
 ・体温を低い状態で保とうとする
 ・体脂肪のかわりに、よりエネルギーを消費する筋肉を分解し、
  エネルギーへ変える
 ・内臓や骨など全身を使って、体脂肪を死守するようになる

このような状態で、食事を少しでも増やせばどうなるでしょうか?言うまでもなく、カラダは全力で脂肪を蓄えようとするのです。しかも基礎代謝を全力で低下させた状態で・・・

これが、リバウンドです。

カラダをとことんいじめた結果、危機モードとなり、そして食事量を少し元に戻しただけなのに、一気に太ってしまう。そして、多くの場合、元の体重よりも太ってしまう、ということです。危機モードの大きなチカラによって。

では、リバウンドしないためにはどうしたらいいの?ということですが、答えは簡単ですね。そう、カラダが危機モードにならなければいいのです。

危機モードにならないためには、カラダが欲しがる、必要とするものをきちんと摂取するということ。

つまり、本当の食欲にしたがって食べる、ということになり、これは「食欲とは」のところでお話しさせていただいたことになります。